FC2ブログ

徒然音ゲー日記

音ゲーマーNADYが気まぐれに思った事を更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光らせるコツ的な何か。

今回は自分なりの光らせるコツ的な何かを徒然書いてみようと思う。
はっきり言って、こういうのは人それぞれ千差万別なので、効果が無かった等のクレームは受け付けませんw
結構つまらない内容になってると思うので、興味の無い方は読まない推奨。


音ゲーでクリアは出来るけど光らない!っていう人は結構いるかと思います。
私の周りにも何人かいますw
そこで、私なりの光らせるポイントを書いてみようと思います。
と言っても、プレイの仕方は人それぞれだと思いますし、一日や二日で光るようになる訳ではないのでご了承くださいw

光る人と光りにくい人との違いとは一体なんでしょうか?
私も一概に断言は出来ません。

才能

という人もいると思います。
でもその持ち合わせたセンスだけで、必ずしも光るようになる訳ではないと思います。


私は経験が一番大きいんじゃないかなと思います。
過去シリーズ合わせても相当やりこんできたのに光らないよ!
というケースもあると思いますが、きっとそれは手厳しく言うと集中してプレイしてなかったのかもしれません。
集中して、譜面も見切っていた「つもり」だったのかもしれません。
私自身、未だに見切った譜面はひとつも無いと思っています。
集中力が乏しいのです!w


さてさて、私の場合はニデラではいつものれんと判定ライン間の真ん中やや上段付近を見ながらプレイしています。
ニデラに慣れてくると、大体の方はのれんから真ん中までのノーツの形や間隔等で認識して鍵盤を弾いてるんじゃないでしょうか?
正直、慣れるとこっちのが簡単だし疲れません。

でも微妙にタイミングがズレだしたら、判定ラインちょい上辺りを意識して見るように心がけています。
ノーツは1つに絞り、それが光るタイミングを見計らいます。
デモプレイや、最初の頃は誰しもこうやってプレイしていたと思うんですけど、慣れていくと忘れてしまいがちですよねーw
こういう初心を忘れないことも大事なんじゃないかと思います。

「今日は光らなかったなー」で終わるのではなく、「何でこんなに光らなかったんだろう?」と原因を追究する姿勢が光らせる糸口になると思います。
こうやってちょっとずつでも意識を集中して譜面を見る事によって、自然と光る力は付いていくんじゃないかと思っています。
私自身の体験談ですがw

もちろん、常に集中できるくらいの集中力があれば、恐るべき速度で上達できるのでしょうけど、人間の集中力には限界があるのでやり過ぎない程度の適度な練習が良いと思います。



とまあ、徒然と書いてみたけど、自分自身ではSPはそこそこ光る方。
DPはあんまり光らないと思ってる。
今はDPがもっと光るようになりたい。
っつー事で今回は自分の為にも書いてみたんだが、頭では分かってるつもりでもなかなか実践では出来ないんだよなーw
DPは「光らせる」というよりかは譜面の見切り力が足りてないだけなのかもしれない。
もしかしたら見切り力こそ、光らせる一番のポイントなのかもしれない。
まだその辺は分からないけど、いろんな譜面を練習していくしかないのかもなー。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadyotoge.blog88.fc2.com/tb.php/33-ae2b663b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。