FC2ブログ

徒然音ゲー日記

音ゲーマーNADYが気まぐれに思った事を更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Driven Shooter。

今作ギタドラV6の第2期のアンコールとして初登場した、猫叉Master+の楽曲でGuitarFreaks過去最凶の譜面としてあまりにも有名なこの曲。



曲は好きなんだが、譜面は凶悪という言葉がかわいく思えるほど。

この1曲の為に、全曲エクストリームクリアがほぼ不可能である事も事実。

これまで過去最凶譜面の座をゆるぎないものにしてきたDAY DREAMや、前作のラスボスとして君臨し、史上初のLv表記∞をつけたRock to Infinityなどは、Driven Shooterに比べれば赤子同然。

世間では「糞譜面」だの「運ゲー」だの「個人差曲」だのと言われているが、私はそんな生ぬるい表現では言い表せない、未だかつてないものだと思う。

今まで体感したことの無い譜面。

今まで経験したことのない衝撃。

あえて言うなら、そう、これはまさに、













「やっつけ譜面」












これまで譜面製作者が試行錯誤を繰り返し、作を追うごとに繋ぎにくい譜面を作ってきたが、トップランカー達はそれらをことごとく繋いできた。

そこで彼らはこう考えたのだろう。

「とりあえず人間には繋げられない譜面作ってみね?」

そこで出来たこの譜面は、まさにやっつけ。

とてもプレイヤー側の心境など考えてるはずのない、ただトプラン共やれるもんなら繋いでみろ的な意図しか見えない譜面。

だがここで投げ出してはいけない。

たとえ100回打ち砕かれようと、101回立ち向かえば良い。

実際にクリアしている人間もいる。

フルコンは無理でも、クリアなら人間でも出来るはず。

練習すればきっといつかは、クリア出来る日がくると信じている。







ってなれば良いなー(遠い目w

コメント

とりあえず

あれだ、高速オルタにはピック部分に連射パッドをくっつけてだな…

どり銀しゃーりーさんへ。

しかしよくまあコロコロと名前が変わるねーw

メタルギアソリッドでオセロットの拷問中に言われなかったか?
連射パッドなんてズルはしようと思わない方が良いとw

それに、仮に連射ピックが存在したとしても、速度変化に対応しきれず結局おじゃんだと予想。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nadyotoge.blog88.fc2.com/tb.php/46-a14d1078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。